読解リテラシーの実践を支援するソフトウェアeJournalPlusの開発(教育システム開発論文,<特集>1人1台端末時代の学習環境と学習支援) Development of eJournalPlus that Supports Practice of Critical Reading Literacy(Paper on Educational System Development,<Special Issue>Learning Environment and Learning Support in One-to-One Computing Stage)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

知識基盤社会の中で,文章を正しく理解するとともに,そこに書かれた事実をもとに熟考し,自分の意見を表明する読解リテラシーを実践することがますます重要になっている.本研究では,読解リテラシーで重視されているような,文章内容と既有知識を関連づけながら,文章の著者の主張の文脈や内容を踏まえつつ,自分なりに新たな知識として意見を産出する読解を「対話的読解」と呼び,こうした読解リテラシーの実践を支援するソフトウェアMEET eJournalPlusを開発した.eJournalPlusは電子文書への下線引き・コメント機能,文章をもとにコンセプトマップを作る機能,意見文を書くエディタ機能を持つソフトウェアである.本ソフトウェアを使った読解・意見文産出活動を行う実験授業を行った結果,eJournalPlusで特徴的なコンセプトマップ作成機能を使って読解と意見文産出を行った場合に,読み手と著者との間で対話的読解に基づく意見構築がなされていることが明らかになった

Reading literacy that enables people not only to understand text correctly but also to think deeply based on facts on the text, and to present their own opinion becomes increasingly important. In this paper, we have developed software which supports practice of reading literacy. The software allows a reader to relate portions of the text and their prior knowledge in order to produce their own opinion as new knowledge, that is referred to as "constructive reading", with e-documents. The reader using eJournalPlus can read a text, underline important words or sentences on the text, illustrate a concept map based on the text, and write his/her opinion down as an essay and edit it. The experimental class evaluation using eJournalPlus was conducted, revealing that students who drew a concept map based on the target text showed better performance on their essays from the viewpoint of constructive reading than those who did not draw the concept map.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 38(3), 241-254, 2014

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009885276
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    026009761
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ