MEET Video Explorer : 問題設定を支援する映像クリップ視聴プレイヤーの開発と評価(<特集>1人1台端末時代の学習環境と学習支援) MEET Video Explorer : Development and Evaluation of Software for Watching Video Clips that Supports Student's Problem Setting in Higher Education(<Special Issue>Learning Environment and Learning Support in One-to-One Computing Stage)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは,大学教育での学生によるレポート課題などにおける問題設定の支援を目的として,映像資料閲覧を支援するための視聴プレイヤーMEET Video Explorerを開発した.教育現場での映像アーカイブ利用が普及し,一人一台環境が実現されるなかで,こうしたツールの利用可能性が高まっている.本研究では実験授業においてこのツールを用い,問題設定に対して映像アーカイブの個別視聴が与える効果と,ナレッジマップ機能の持つ効果について検討を行った.個別視聴活動と講師が説明を行う一斉視聴活動を行った群の比較から,個別視聴群では一部の問題に凝集しない問題設定が行えていることが分かった.また,ナレッジマップの作成により,複数の情報を統合しようとする独創性の高い問題設定が支援できる可能性が示唆された.

We have developed software tool for watching video clips of internet video archives to support problem setting by students in higher education. In this article, we reported results from an experimental trial of the software. We found that 1) individual viewing with the software made students' problems less cohesive than teacher-assisted viewing situation and 2) making knowledge maps had the potential of encouraging students to integrate information and set more creative problems.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 38(3), 309-316, 2014

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009885281
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    026010061
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ