那須御用邸で発見されたProleucoptera属の一新種(鱗翅目,ハモグリガ科) A new species of the genus Proleucoptera Busck (Lepidoptera, Lyonetiidae) from the Nasu Imperial Villa, Japan

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

2003年から2007年に,著者らは栃木県那須御用邸で小蛾類の調査を行い,その過程で2005年にウメバチソウ(Parnassia palustris L.)に斑状潜孔をつくるハモグリガ科の未知種を発見した.幼虫を飼育し成虫を羽化させてその形態を詳細に調査した結果,シロハモグリガ亜科のProleucoptera属に含まれる新種であることが明らかになったので記載した.Proleucoptera parnasiella Ahn and Hirowatari sp. nov.ウメバチソウシロハモグリ(新種) 寄主植物:ウメバチソウ(ウメバチソウ科).分布:栃木県(那須御用邸).本種は著者ら(Ahn et al., 2009)によって和名ウメバチソウシロハモグリが与えられ,ツルウメモドキシロハモグリP. celastrellaに近縁な未記載種であることが示唆されていた.今回,さらに近縁種を含めて交尾器の形状等の形質を詳細に調査・比較した結果,本種はツリバナシロハモグリP. oxyphyllalla Kurokoにもっとも近縁で,斑紋による識別は難しいが,♂交尾器では,valvaはより大きく,硬化の弱い基部外方の小突起を欠くという点で区別できることが分かった.寄主植物であるウメバチソウは旧来ユキノシタ科に分類されており,ウメバチソウシロハモグリがニシキギ科の植物を寄主とするツルウメモドキシロハモグリなどに近縁であることは寄主植物との関係を考察する上で重要であることを著者らは指摘していた(Ahn et al., 2009).最近明らかになった植物の分子系統解析にもとづく分類体系では,ウメバチソウはニシキギ目のニシキギ科に近縁な独自の科(ウメバチソウ科)として扱われており,本種はニシキギ科のツリバナやツルウメモドキなどを寄主とする種と共通の祖先から分化したことが推定された.また,羽化までは至ってないが,本種は同じニシキギ科に属するシラヒゲソウ(Parnassia foliosa var. nummularia)の葉にも幼虫が潜ることが示唆された.

A lyonetiid leaf miner Proleucoptera parnasiella Ahn and Hirowatari sp. nov. is described from Japan. The larvae feed into a leaf of Parnassia palustris (Parnassiaceae) and make a blotch mine. The new species superficially resembles and is most closely related to P. oxyphyllella Kuroko from Japan, but it can be distinguished from the latter by the larger valva in the male genitalia lacking the small weakly sclerotized projection.

Journal

  • Lepidoptera Science

    Lepidoptera Science 65(4), 137-141, 2014

    THE LEPIDOPTEROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009885334
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00147618
  • Text Lang
    ENG
  • ISSN
    0024-0974
  • NDL Article ID
    026036555
  • NDL Call No.
    Z18-73
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top