<日本語>で考えるということ(<特集>文学教育の転回と希望 日本文学協会第61回大会報告)  [in Japanese] Thinking "in Japanese"(<Special Issue>The 61st JLA Convention: Change and Hope in Teaching Literature)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

かつてジャック・デリダは、形而上学における「音声言語中心主義」を批判した。だが、この批判は、日本語による思考には直接にはあてはまらない。日本語の思考は、文字(エクリチュール)に深く規定されているからである。このことは、日本語が、独特の書字体系、つまり「漢字かな混じり文」をもっていることと深く関連している。デリダは、彼が「脱構築」と名づけた強靱な思索を通じて、音声言語に対する文字の優越を何とか回復しようとしたのだが、日本語においては、こうした条件は、最初から整っていたのだ。この発表では、こうした特徴を有する日本語に基づく思考の「強さ」と「弱さ」について論ずる。また、この特徴が、日本社会の歴史的構造と相関していることを示す。さらに、議論は、この特徴が、明治以降の西洋文化の導入にどのように反響したかという問いへと移るだろう。この問いへの探究は、日本の思想、とりわけ日本の近代思想において、文学が中心的な影響力をもったのはなぜなのかということを解き明かすことにもなる。「近代文学(小説)の終焉」は、日本語にとって流行の盛衰以上のものだ。それは、日本語に基づく思考そのものの危機かもしれないからだ。

As is well-known, Jacque Derrida made an attack on phonocentrism in Western metaphysics. But his deconstructive procedure cannot be uncritically applied to thinking in the Japanese language. For the Japanese way of thinking is more fundamentally conditioned by writing or ecriture than its Western counterpart. Indeed, Japanese is a unique language with the combination of the two different kinds of orthography, that is, Chinese characters and kana letters. In a sense, Derrida's effort to subvert the priority of speech over writing is not necessary for the language because it is always already controlled by ecriture. In this paper, I will point out the merits and demerits of the structure of the language that is closely related to the social structure. I will also consider how the peculiarity of the language has affected Westernization of our country since the Meiji Period. This inquiry will lead to understanding why literature played a central role in modern thought. The end of modern literature means more than a change of fashion. It may indicate that the mode of thinking in Japanese itself is coming to a crisis.

Journal

  • Japanese Literature

    Japanese Literature 56(3), 20-32, 2007

    Japanese Literature Association

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009885738
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00197092
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集 // 会議録・学会報告
  • ISSN
    0386-9903
  • NDL Article ID
    8739699
  • NDL Source Classification
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL Call No.
    Z13-438
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top