HDR-mcdを対象としたクロックエネルギー優位な高位合成と実験評価 (ディペンダブルコンピューティング デザインガイア2013 : VLSI設計の新しい大地) Clock Energy-efficient High-level Synthesis and Experimental Evaluation for HDR-mcd Architecture

この論文をさがす

著者

    • 阿部 晋矢 ABE Shin-ya
    • 早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工学専攻 Dept. of Computer Science and Engineering, Waseda University
    • 宇佐美 公良 [他] USAMI Kimiyoshi
    • 早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工学専攻:芝浦工業大学工学部情報工学科 Dept. of Computer Science and Engineering, Waseda University:Dept. of Information Science and Engineering, Shibaura Institute of Technology
    • 柳澤 政生 YANAGISAWA Masao
    • 早稲田大学大学院基幹理工学研究科電子光システム学専攻 Dept. of Electronic and Photonic Systems, Waseda University
    • 戸川 望 TOGAWA Nozomu
    • 早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工学専攻 Dept. of Computer Science and Engineering, Waseda University

抄録

LSI全体に占めるクロック信号によるエネルギー消費の割合は大きく,マルチクロックドメイン,クロックゲーティングなどが提案された.本稿では,マルチクロックドメイン指向HDR-mcdアーキテクチャを対象としたクロックエネルギー削減に向けた高位合成手法を提案する.提案手法は1クロック内の通信が保障されるハドルと呼ぶ区画を利用し,配線遅延の影響を予測,異なるクロック間の同期を考慮した高位合成を実現する.クロックはハドル毎に割り当て,資源制約と時間制約を満たす範囲で低い周波数のクロックを割り当てることで低電力化する.計算機実験により提案手法はクロックゲーティングのみを考慮した従来手法と比較し,クロックツリーのエネルギーを30%程度削減でき,全体のエネルギーを25%程度削減できることを確認した.

In this paper, we propose a clock energy-efficient high-level synthesis algorithm for HDR-mcd architecture. In HDR-mcd, an entire chip is divided into several huddles. Huddles can realize synchronization between different clock domains in which interconnection delay is required and should be considered during high-level synthesis. In our iterative improvement based algorithm, low-frequency clocks are assigned to non-critical huddles under resource and latency constraints for energy efficiency improvement. Experimental results show that the proposed method achieves 20% clock energy-saving and 10% total energy-saving compared with the existing methods considering clock gating.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(321), 263-268, 2013-11-27

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009886259
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11645397
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025087871
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ