戦後福祉行政の創設期における社会福祉専門職をめぐる議論 : 兵庫県所蔵行政文書をもとに  [in Japanese] Organization of Social Welfare Administration under the Occupation  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 加川 充浩 Kagawa Mitsuhiro
    • 島根大学法文学部社会文化学科 Shimane University, Faculty of Law and Literature, Department of Socio-cultural Studies

Abstract

小論は、日本の福祉行政が形成されつつあった1950年前後において、社会福祉主事をめぐってどのような議論が展開されたのかを明らかにする。方法として、当時の厚生省が、地方政府(兵庫県)に発した文書をたどっていく。確認し得たのは、第一に、専門職としての社会福祉主事への多大な期待があったこと。第二に、社会福祉主事と民生委員との関係問題について、GHQと日本側との認識に若干の相違がみられること。第三に、養成カリキュラムでは、現在のソーシャルワーク教育体系の萌芽が看取できること、である。

Journal

  • 島根大学社会福祉論集 = Journal of social welfare studies, Shimane University

    島根大学社会福祉論集 = Journal of social welfare studies, Shimane University (5), 21-39, 2015-03

    Shimane University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009887921
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12202620
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1881-9419
  • NDL Article ID
    026318375
  • NDL Call No.
    Z71-S776
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top