「件」の系譜学 : その誕生・伝播・消滅をめぐる考察(<特集>怪異をひらく-近代の時空へ) A History of Kudan : The Birth, Circulation, and Disappearance of a Monster Legend(<Special Issue>The Anatomy of the Uncanny: Something Pre-modern in Modernity)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

人面牛身で予言をする「件(くだん)」は、明治から昭和初期にかけて西日本の口碑の中に認められる妖怪である。本論では民間伝承と文学テクストを用いて、その誕生から伝播・消滅に至る経緯を考察した。件は農業における厄除けと豊作祈願に起源があり、牛頭天王信仰と関わりながら、産業構造の変化に伴って民衆の意識が仮託される存在へと変化して行った。ついには人間と牛の関係が社会の中で希薄になった事で、殆ど消滅したのである。

In the folklore of the western part of Japan there was a legend of Kudan, a monster with a human face and a bovine body. Although it was orally circulated in the area between the Meiji and the early Showa Periods, today the legend has totally disappeared. The figure of Kudan originated from farmers' faith in a god with the head of a bull who was said to protect them from bad fortune and promise a rich harvest. As the agricultural community was undermined by industrialization and the faith gradually lost its social function, the god was transformed into the monster in public imagination. Finally the advanced stage of modernization with fewer opportunities to see cows in daily life put an end to its historical role.

収録刊行物

  • 日本文学

    日本文学 54(11), 27-35, 2005

    日本文学協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009890016
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197092
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    0386-9903
  • NDL 記事登録ID
    7721586
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z13-438
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ