地域福祉の主体形成に関する研究 : 地域でとりくむアクティヴシチズンシップ学習のとりくみから学ぶ学習とその評価の方法ロンドンでの事例から  [in Japanese] Learning for Active Citizenship in the Community : Case Study of the Experience of the Practice and Evaluation in London  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

本研究は、英国において実施された「アクティヴシチズンシップ(Active Citizenship)のための学習」に関連した実践プログラムであるTake Part についてとりあげ、それがどのような背景のもとに何をめざし、どのような結果を達成し、どのような課題があるのかを整理・概観するとともに、実施されたプロジェクトとその評価実践をケーススタディとしてとりあげ、わが国における地域福祉の主体形成支援と地域を基盤とした福祉教育への示唆を得ることを目的とする。本論文では、その研究の一部分であるが、ロンドンの民間非営利組織によって実施された"Growing London" の取りくみをとりあげ、プロジェクトを通じて何を達成しようとしたのか、実際に何を達成することができたのか、プロジェクトの評価をどう行うか、実施後の担当者による評価について、調査報告書の分析、担当者インタビューを行い、考察した。

Journal

  • Bulletin of The Social Work Education Center

    Bulletin of The Social Work Education Center (12), 71-84, 2015-03

    Bukkyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009890333
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11988112
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1349-6646
  • NDL Article ID
    026299586
  • NDL Call No.
    Z71-M507
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top