トロムソ / ロングイアビンにおけるオーロラ観測用並列イメージャーの大量データ処理と可視化  [in Japanese] Processing and visualization of large amounts of auroral data obtained with All-sky/Narrow field-of-view parallel imagers in Tromso and Longyearbyen  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では, トロムソ及びロングイアビンで国立極地研究所が展開している全天/ 狭視野並列イメージャー観測による,高時間分解能のオーロラカラー画像の大量データベース化や, データ解析手法, データ可視化手法を中心に現状と今後の予定を紹介する. このデータベースは, 様々なオーロラの研究を進める上で重要なオーロラの基本情報を含んでおり, 欧州非干渉散乱(EISCAT)レーダー等の関連観測データを組み合わせた総合的な研究を全国共同利用で実施する上でも不可欠であると考えている. 得られた大量のオーロラ画像データから, オーロラ研究に利用可能な(ごく一部の)質の高いオーロラ画像データを抽出する方法や, その抽出された画像データを更に詳細かつ総合的に解析する手法の開発・発展が求められており, 我々は様々な画像処理プログラムや複数のデータを同時に可視化するプログラムの開発に取り組んでいる. このイメージャー観測システム構築と可視化を含むデータ処理の経験を基に, 将来的には多地点のオーロラ画像データを統合して扱うことが可能なシステム開発や, 省電力・無人オーロラ観測システムの多点展開等への発展が期待される.

We report current status and future plans of processing, analysis methods, and visualization of large amounts of auroral data obtained with All-sky/Narrow field-of-view parallel imagers in Tromso Norway and Longyearbyen Svalbard. Observations of the parallel imagers started in October, 2010, and the optical data provide important information for various studies on auroral physics, as well as other in-situ and ground-based data such as European incoherent scatter (EISCAT) radars. We have developed several methods of data processing and visualization of the auroral database in order to find valuable auroral data among the abundant data. This experience can be applied to development of a global network aurora observation system using automated imagers with high sensitivity in the future.

Journal

  • JAXA research and development report

    JAXA research and development report JAXA-RR-12-006, 51-61, 2013-03

    Japan Aerospace Exploration Agency

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009890613
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1192675X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13491113
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top