症例報告 重症片麻痺患者に対する逆方向連鎖化を用いた起き上がり,寝返り練習の効果  [in Japanese] Effect of sitting up and rolling training using backward-chaining technique for a severe hemiplegia patient  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 中田 衛樹 Hiroki Nakata
    • 松山リハビリテーション病院リハビリテーション部 Department of Rehabilitation,Matsuyama Rehabilitation Hospital
    • 岡田 一馬 Kazuma Okada
    • 松山リハビリテーション病院リハビリテーション部 Department of Rehabilitation,Matsuyama Rehabilitation Hospital
    • 山崎 生希 Uki Yamasaki
    • 松山リハビリテーション病院リハビリテーション部 Department of Rehabilitation,Matsuyama Rehabilitation Hospital
    • 山崎 倫 Osamu Yamsaki
    • 松山リハビリテーション病院リハビリテーション部 Department of Rehabilitation,Matsuyama Rehabilitation Hospital
    • 大森 貴允 Takamasa Oomori
    • 松山リハビリテーション病院リハビリテーション部 Department of Rehabilitation,Matsuyama Rehabilitation Hospital
    • 冨岡 真光 Masamitsu Tomioka
    • 松山リハビリテーション病院リハビリテーション部 Department of Rehabilitation,Matsuyama Rehabilitation Hospital

Abstract

認知症を合併した重症片麻痺患者に対し,逆方向連鎖化の技法を用いた寝返り・起き上がり動作練習を実施した.寝返り動作は介入セッション,起き上がり動作は8セッション目に動作が自立した.介入中,身体機能および認知機能の改善は認められなかった.介入後,速やかに起居動作が自立したことから,認知症を合併した重症片麻痺患者に対する今回の動作練習は,有効に機能したものと考えられた

Journal

  • Journal of Kochi Rehabilitation Institute

    Journal of Kochi Rehabilitation Institute 16, 13-16, 2014

    Kochi Rehabilitation Institute

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009890644
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11643653
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1345-5648
  • NDL Article ID
    026381002
  • NDL Call No.
    Z74-B959
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top