テラヘルツ帯での宇宙観測 : 「あかり」からSPICAへ (特集 最新テラヘルツ技術と実用化に向けた取組み) -- (テラヘルツ技術の応用例)  [in Japanese] Observations of Universe in the Terahertz Range : From AKARI to SPICA  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 中川 貴雄 NAKAGAWA Takao
    • 独立行政法人宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所 Institute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency

Abstract

宇宙の歴史の解明,それは現代の天文学の抱える大きな課題の一つである.そのためには,テラヘルツ帯における天体観測が重要な働きをする.宇宙のエネルギー放射の大きな割合が,テラヘルツ帯において,星間塵の熱放射として放射されるからである.ただし,その観測のためには,地球の大気の影響を避け,人工衛星による観測が必要である.日本が主導する「あかり」(2006年打上げ)と,SPICA(2020年代打上げ予定)を中心にテラヘルツ帯での天体観測を行う衛星の実例を紹介する.

Journal

  • The Journal of the Institute of Electronics, Information, and Communication Engineers

    The Journal of the Institute of Electronics, Information, and Communication Engineers 97(11), 958-963, 2014-11

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009890795
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1001339X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5693
  • NDL Article ID
    025895630
  • NDL Call No.
    Z16-192
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top