心拍の虚偽フィードバックが魅力度評定・自律神経系指標に及ぼす影響 The effects of false heart rate feedback on attractiveness ratings and autonomic indices

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Valins (1966)は当人の心拍が大きく変化しているかのような虚偽心拍音を聞かせながら異性の性的画像を呈示すると,画像に対する魅力度が変容する事を示し,感情喚起に生理的変化は必要ないと述べた.一方で, Stern et al. (1972)は同様の実験を行い,魅力度変容時の生理的変化を確認するとともに,感情喚起に生理的変化は必要であると述べ,その後の研究においては, Valins (1966)の結果を支持するものが多く報告されてきた(稲森. 1974など).しかし,先行研究の虚偽心拍音は,画像呈示時に15bpm上昇,呈示終了後15bpm下降させるものにも関わらず,分析は画像呈示時のみであった.虚偽心拍音の影響を検討するのならば,画像呈示後も分析対象となってしかるべきである.そこで,本研究では,画像視聴時に心拍の虚偽フィードバックを行うことによって魅力度評定,および自律神経系指標(心拍数・指尖血流量・皮膚コンダクタンス)にどのような影響を及ぼすか,先行研究では検討されなかった画像呈示後の生理指標の分析を行うことにより検討した.参加者は男性8名であり,異性画像10枚を見せ,画像呈示中に虚偽心拍音を上昇させる強化フィードバックと,虚偽心拍音を一定に保つ非強化フィードバックそれぞれを行った.安静4分間の後, 1枚の画像に対し,呈示前に注視点を1分間,画像を15秒間という手順を1セットとし,これを画像10枚分行った.最後の画像呈示終了後, 1分間の安静期間を設け,計測を終え,各画像の魅力度を評価してもらい実験終了とした.生理指標に関して強化フィードバックと非強化フィードバックの差は心拍数と指尖血流量において画像呈示後に生じている事が示された.魅力度に関して,両フィードバックの差は認められなかった.このことから,心拍の虚偽フィードバックの影響は心拍数・指尖血流量において画像呈示後に生じる事が示された.しかし,心理指標で魅力度変容は確認出来ず,内省報告から認知的操作の失敗が影響している可能性が考えられた.

Valins (1966) showed that false heart rate (HR) feedback during sexual female picture presentation can change attractiveness for their attractiveness, indicating that a physiological response is not necessary for emotional arousal. On the other hand, Stern et al. (1972) executed the same experiment and found that a physiological response may occur thorough the attractiveness modification process. They advocated that a physiological response is necessary for emotional arousal. In subsequent research, Valins' results (1966) have been generally supported (e. g., Inamori, 1974). Many of these studies analyzed only the period of picture presentation. However, to investigate the precise effects of false feedback, a longer period of analysis is required. This study investigated the effects of false HR feedback during picture presentation on attractiveness ratings and autonomic nervous system indices (HR, finger blood flow, and skin conductance) by performing analysis after the picture presentation period. We employed eight male subjects. Each of them viewed ten female pictures through two types of HR feedback: one was rising HR (reinforced feedback) and the other was constant HR (non-reinforced feedback). After a rest period of four minutes, 10 pictures of women were presented. Each picture presentation consisted of one minute of fixation and 15 seconds of presentation. After a one-minute rest period following the last trial, the subjects rated the attractiveness of each picture. As a result, we found differences in the autonomic activities of the two types of feedback only in the period after picture presentation. However, we could not find the modification of attractiveness ratings between the two types of feedback. The failure of cognitive operation seemed to be the reason for these paradoxical results.

収録刊行物

  • バイオフィードバック研究

    バイオフィードバック研究 41(2), 85-93, 2014

    日本バイオフィードバック学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009891995
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0386-1856
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ