超大規模なグラフ構造の効率的な処理技術 (小特集 「フカシギの数え方」から広がるアルゴリズムの理工学 : 二分決定グラフによる離散構造処理と広がる応用分野) Efficient Processing Techniques for Very Large-scale Graph Structure

この論文をさがす

著者

    • 戸田 貴久 TODA Takahisa
    • 電気通信大学大学院情報システム学研究科情報システム基盤学専攻 Graduate School of Information Systems, The University of Electro-Communications
    • 竹内 聖悟 TAKEUCHI Shogo
    • 独立行政法人科学技術振興機構ERATO湊離散構造処理系プロジェクト ERATO Minato Discrete Structure Manipulation System Project, Japan Science and Technology Agency
    • 美添 一樹 YOSHIZOE Kazuki
    • 独立行政法人科学技術振興機構ERATO湊離散構造処理系プロジェクト ERATO Minato Discrete Structure Manipulation System Project, Japan Science and Technology Agency

抄録

本稿では,大規模グラフ処理に関する三つの異なる課題を挙げ,実用上の性能を向上させる手法について解説する.はじめに,列挙問題における網羅的な場合分け処理を二分決定グラフを用いて効率化させる方法について述べる.次にSimpathアルゴリズムの並列化においてメモリ共有環境の性質を考慮し性能を向上させる例について述べる.そして,ゲーム木探索の大規模並列化におけるGPS将棋の例を述べ,分散ハッシュ表を用いた並列探索手法についても述べる.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 97(12), 1097-1102, 2014-12

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009893128
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001339X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5693
  • NDL 記事登録ID
    025949369
  • NDL 請求記号
    Z16-192
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ