学際研究の萌芽をいかに促すか : 生命科学の事例から(<特集>研究開発における学際性) Creation of Interdisciplinary Science : A case of bioinformatics and quantitative biology in Japan(<SPECIAL REPORT>TOWARD INTERDISCIPLINARITY IN RESEARCH AND DEVELOPMENT)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 伊東 真知子 ITOH Machiko
    • 国立遺伝学研究所リサーチ・アドミニストレーター室 Associate Research Administrator Office for Research Development, National Institute of Genetics

抄録

科学が発展する過程には,既存の研究分野にまたがる学際分野の形成が欠かせないが,科学の潮流を生み出しうる新しい分野の形成は日本では必ずしも活発ではない。学際研究にはさまざまな困難が伴うため,その軽減策を国から現場までのレベルにおいて検討・実施することが重要である。近年では書誌情報等の定量的解析の普及も進んでいるが,論文が公表される以前の学際研究はどのように芽生えるものであり,何に対するどのような支援が可能なのだろうか。今後の学際研究促進策の立案のために,定量的データを補完する定性的データを得ることを目的として,日本のゲノム研究コミュニティを例にとり,資料調査と研究者への半構造的インタビューをおこなった。学際分野への転進の契機には能動的な例も受動的な例もみられたが,その違いに対する否定的な言及はみられず,むしろ学際交流やハイリスク研究を制度設計によって促すべきという意見もみられた。学際交流の場は,研究に直接関係する情報交換だけでなく,優秀な若手研究者の奨励や,創造性に貢献する浅く広い人脈の形成という機能も担っていることが示された。学際的な分野であっても,研究者には深い専門性が求められ,異分野の知識や技術の習得にはまとまった時間と労力がかかる。今回は,大学院生時代に解析対象を広げた例と,学位取得直後に集中的に習得した例がみられた。既に職を得た研究者が異分野に挑むための制度が望まれている。

For the advancement of science, establishing a new research community based on multiple existing research fields is an essential prerequisite. Such interdisciplinary collaboration is often hampered by unexpected difficulties, whose resolution is the task of policymakers at multiple levels-from the nation-wide to each institute/university-wise scale. This report discusses the assistance for a burgeoning research field before its publication stage through description about interdisciplinary life scientists in Japan. Semi-structured interviews to seven leading scientists suggested that meetings for interdisciplinary discussion and knowledge sharing also function for encouraging prospective and unspecialized students, and for providing "weak ties" which enable scientists to be more creative. Also confirmed are the importance of high specialty for conducting research even in interdisciplinary fields. The scientists spent quite amount of effort and time to acquire structured knowledge of another discipline. To support more scientists to try interdisciplinary research, improvement of personnel systems might be effective.

収録刊行物

  • 研究 技術 計画

    研究 技術 計画 29(2_3), 144-159, 2014

    研究・イノベーション学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009893150
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1030142X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0914-7020
  • NDL 記事登録ID
    025916297
  • NDL 請求記号
    Z14-1368
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ