大学男子バスケットボール競技におけるゲーム分析 5:太成学院大学の関西学生バスケットボールリーグ戦3部リーグでの戦い  [in Japanese] Game Analysis in Men's College Basketball Game 5:Games played by the Taisei Gakuin University in Division 3 of the Kansai Men's Basketball League 2013  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は2013年8月31日〜10月14日まで開催された,関西学生バスケットボールリーグ戦3部リーグでの太成学院大学バスケットボール部が対戦した11試合を対象とし,「得失点率」,「攻撃回数」,「2Pゴール成功率」,「3Pゴール成功率」,「リバウンド獲得数」,「ターンオーバー数」について,分析を試みたものである。その結果,2013年度関西学生バスケットボールリーグ戦3部リーグでの太成学院大学バスケットボール部の戦いが明確になった。「得失点率」においては,リーグにおける順位に関係していることが確認できた。「攻撃回数」においては,目標数値を設定し上回ることが出来たが,得点に結びつく結果には至らなかった。「2Pゴール成功率」,「3Pゴール成功率」は,2013年度のチームの特徴を活かした,オフェンスを展開することが数値より認められた。「リバウンド獲得数」においては,日々の取り組みが数値として認められたが体格差を埋めることは出来なかった。「ターンオーバー数」では,フェンダメンタルのスキルアップの必要性が確認された。この結果は,太成学院大学の競技レベルを把握できるとともに,今後の練習プログラムの設定やコーチングに役立つと考えられる。

Journal

  • TAISEI GAKUIN UNIVERSITY BULLETIN

    TAISEI GAKUIN UNIVERSITY BULLETIN 17(0), 59-65, 2015

    TAISEI GAKUIN UNIVERSITY

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009893479
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11955645
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1349-0966
  • NDL Article ID
    026268518
  • NDL Call No.
    Z71-C794
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top