クィア・ペダゴジーを導入したカウンセリング心理学の可能性 : カウンセラー養成における実践のための理論研究 Possibility of Counseling Psychology that Introduces the Queer Pedagogy : Theoretical Study for Establishing the Queer in Counselor Training

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では、クィア・ペダゴジーの実践としてBritzman(1995)とQuinlivan & Town(1999)を手がかりに、それらがいかにカウンセラー養成へ組みこめるかを検討し,さらに,実際の既存の心理的自助のコミュニティ活動を取り上げ,そこにクィア・ペダゴジーの実践の具体的な方法を見出し,クィア・カウンセリング心理学に向けた実践方法の可能性を探った。Britzman(1995)とQuinlivan & Town(1999)より、カウンセリング心理学へのクィア・ペダゴジーの導入の視点として、1)肯定的な場の創造,2)個別性への焦点化,3)二分性の解放,4)仲間関係の支援が見出され,さらにコミュニティ活動を踏まえて,1)前提を認識すること,2)カテゴライズを疑問視すること,3)実践の不可能性を知ること,4)理解不可能状態を知ること,5)異なる解釈方法を支持すること,これらの視点が見出された。

In the current study, we investigated the incorporation of queer pedagogy in counselor training based on insights provided by Britzman (1999) and Quinlivan & Town (1995). In addition, we explored the practices that could potentially form Queer counseling psychology. We sought to identify a specific method of the practice based on queer pedagogy through an examination of actual community activities undertaken by a psychology self-help group. Regarding the introduction of queer pedagogy to counseling psychology, Britzman (1999) and Quinlivan & Town (1995) suggest the following points to be of importance: 1) creating positive venues, 2) acknowledging individuality, 3) removing the dichotomy between man and woman, and 4) assisting peer relations. Based on our examination of the community activities, the following points were found to be important: 1) recognizing the premise, 2) questioning the categories, 3) learning the barriers to practice, 4) acknowledging the incomprehensible state, and 5) facilitating the existence of different interpretations.

収録刊行物

  • 鳴門教育大学学校教育研究紀要

    鳴門教育大学学校教育研究紀要 (29), 31-42, 2014

    鳴門教育大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009895567
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1212544X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1880-6864
  • NDL 記事登録ID
    026196096
  • NDL 請求記号
    Z7-2392
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ