スマートステーションなごや:次世代屋内位置情報サービスの研究開発  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

大規模駅周辺は複雑な立体構造を構成しており,店舗や構造の情報が集約されていないため,利用者のプロファイルや目的に応じた情報提供が適切になされていない.そこで,ICT を活用し大規模駅において利用者の多様な状況に対応し,適切な店舗や経路の推薦やナビゲーションを行う総合的な情報提供・屋内案内サービスを実現する.また,利用者の利便性を向上させると同時に,駅関連事業者との適切な情報流通を実現し,地域社会の活性化を促進する.特に,東京や大阪と並んで複雑な構造をしている名古屋駅周辺を対象とし,次世代位置情報サービスを提供するスマートステーション化することを目指す.本研究は,1.無線 LAN・磁気・PDR を統合した屋内位置推定,2.音声に基づいて経路案内を行うナビゲーションシステム,3.目的志向の店舗推薦システム,4.店舗情報の継続的更新を可能にするクラウドソーシングシステムといった 4 つのサブテーマから構成される.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム] 2015-UBI-46(4), 1-7, 2015-05-04

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009895727
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11838947
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    09196072
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top