Aqua Mapping:水槽を介した観賞魚とのインタラクションシステム Aqua Mapping : Interaction system with ornamental fish through the aquarium

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

魚を飼い,その水槽を鑑賞することは,我々の生活に潤いと落ち着きを与えてくれる.観賞魚を飼育する上で水槽内の環境や魚の体調管理が重要となるが,観賞魚は自分の状態を飼い主に伝えることができないため,飼い主が魚の状態に基づきインタラクティブに飼育することは難しい.本研究では,観賞魚の位置情報をもとに水槽背面のディスプレイに観賞魚の状態を表示することで,飼い主に水槽内の環境や観賞魚の体調などの情報を伝えるシステム "Aqua Mapping" を提案する.本システムにより水槽を介した観賞魚とユーザのインタラクティブな飼育環境を提供する.

It relaxes us and enriches our daily lives to rear fish and appreciate an aquarium. In that case, the aquarium environment and the physical condition management of the fish become important. However, it's difficult that an owner rears aquarium fish interactively based on the state of the fish because fish can't tell the owner about its state. Thus, this study proposes the "Aqua Mapping" which informs an owner about the condition of an aquarium and fish by indicating fish state on the screen set behind the aquarium using the position information. This system can offer interactive rearing environment between an user and fish through an aquarium.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム] 2015-UBI-46(5), 1-8, 2015-05-04

    一般社団法人情報処理学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009895728
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11838947
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ