明恵『遣心和歌集』の撰集志向 : 「安立」「遣心」再検討 "Anryu" and "Kenshin" in Kenshin-waka-shu : A Review of Meikei's Poetical Principle

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

明恵自撰『遣心和歌集』に収められる弟子義覚の歌の左注に見え、従来明恵の作歌法の根本とされてきた「安立」「心ゆく」を再検討し、「安立」が言葉に表す意、「心ゆく」及び「遣心」が心を慰める意であることを明らかにした。さらに『遣心和歌集』所収歌の分析によって、その撰集の志向が「遣心」であることを見出し、このような志向は、『却廃忘記』から窺える心のままに詠む明恵の詠歌姿勢とも通じ合うことを指摘した。

Meikei is usually said to be a poet who worked on the basis of his poetical principle "anryu" ("the act of expressing"). When Meikei was engaged in editing the anthology Kenshin-waka-shu, however, he made not "anryu" but "kenshin" ("solacing one's soul") the editorial standard in selecting the poems. His inclination to "kenshin" in the editorial work is closely related to the natural and unrestrained style of his later writings which began with Kyakuhaimou-ki.

収録刊行物

  • 日本文学

    日本文学 53(6), 1-10, 2004

    日本文学協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009896891
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197092
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0386-9903
  • NDL 記事登録ID
    6985856
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z13-438
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ