超伝導磁気センサを用いた超低磁界MRI  [in Japanese] Ultra-low-field MRI Using Superconductive Magnetic Sensors  [in Japanese]

Author(s)

Abstract

近年,地磁気と同程度の大きさの磁界における磁気共鳴現象を計測する超低磁界MRIに関する研究が進められており,新しいMRIとして期待されている.超低磁界MRIで得られる信号周波数は数kHz程度となり,従来のMRIのような受信コイルでは十分な感度を得ることが難しい.そこで,広い周波数帯域で高感度計測を実現可能な超伝導磁気センサが利用されている.本稿では超低磁界MRIの原理や特徴,計測システムや計測例を紹介する.更に,超低磁界MRIの展望として,超低磁界機能的MRIの可能性について述べる.

Journal

  • The Journal of the Institute of Electronics, Information, and Communication Engineers

    The Journal of the Institute of Electronics, Information, and Communication Engineers 98(1), 40-47, 2015-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009900419
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1001339X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5693
  • NDL Article ID
    026010875
  • NDL Call No.
    Z16-192
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top