戦前・戦中におけるJOBKの放送オーケストラ --番組制作の観点から-- The Radio Orchestra of JOBK before and during Wartime: From the Viewpoint of Program Production

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

東京放送局(JOAK)が、開局当初から日本交響楽協会、後に新交響楽団による演奏を放送していたように、大阪放送局(以下、JOBKと表記)も、開局の早い段階で大阪フィルハーモニック・オーケストラの演奏を放送し、1929年6月から約4年間の空白の時期があったものの、1933年4月には大阪ラヂオオーケストラおよび大阪放送交響楽団を発足させた。本論文では、JOBKの番組制作において放送オーケストラが、どのような役割を担っていたのかを明らかにすることを目的とする。1925年5月10日から1945年8月15日までJOBKの『番組確定表』、およびその番組に関する新聞記事の考察によって、大阪フィルハーモニック・オーケストラは地域に密着し、大阪文化の発展に寄与したのに対して、大阪ラヂオオーケストラおよび大阪放送交響楽団は、一地域に留まらず、全国に向けて発信していくJOBK独自の番組を制作していく上で重要な役割を担っていたと結論付けた。

As the Tokyo Broadcasting Company (JOAK) started broadcasting performances by Japan Symphony Association and later the New Symphony Orchestra in its very early days, the Osaka Broadcasting Company (JOBK hereafter) started broadcasting performances by Osaka Philharmonic Orchestra in an early stage of its emergence. After almost four years of silence since June 1929, in April 1933 the company founded Osaka Radio Orchestra as well as Osaka Radio Symphony Orchestra. The main aim of the present paper is to investigate on the role of broadcasting orchestras in the production of JOBK programs. A conclusion drawn through investigation of the "List of Programs" of JOBK from 10th of May 1925 to the 15th of August 1945 as well as the newspaper articles regarding the programs is that, while Osaka Philharmonic Orchestra was active in the local area and its contribution was towards flourishing of Osaka culture, the roles of the Osaka Radio Orchestra and the Osaka Radio Symphony Orchestra were important in the production of those JOBK programs which were directed towards not only the local region, but also the nation as a whole.

収録刊行物

  • 大阪音楽大学研究紀要

    大阪音楽大学研究紀要 (53), 7-22, 2015-03-01

    大阪音楽大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009900747
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00027751
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    02862670
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ