A Test of the Equality of SN Ratios Based on the Inverse Gaussian Distribution A Test of the Equality of SN Ratios Based on the Inverse Gaussian Distribution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では,計測システムにおけるSN比の同等性の検定を提案する.一般に,タグチメソッドでは,そのシステムを比尺度かつ正値データをもとに,ゼロ点比例式を想定する.このとき,誤差分布として,尺度分布族の1つである逆ガウス型分布を仮定すれば,SN比の同等性の検定は,分布の変動係数のそれに一致する.ここでは,分散安定化変換を用いた等変動係数性の検定手法を提案し,検定のサイズと検出力を検証した.その結果,検定は,保守的であり十分な大きさの検出力を持つことが示された.

We consider a test of the equality of the signal-to-noise (SN) ratios for measurement systems. We introduce a multiplicative error model and an error term following an inverse Gaussian distribution. Testing the equality of SN ratios is equivalent to testing the equality of coefficients of variation of the inverse Gaussian distribution. We derive new testing procedures via a variance stabilizing transformation and investigate their size and power. We show that these procedures are conservative and have enough power.

収録刊行物

  • 品質

    品質 45(1), 76-82, 2015

    一般社団法人 日本品質管理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009901253
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354769
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    0386-8230
  • NDL 記事登録ID
    026035246
  • NDL 請求記号
    Z4-463
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ