RSA暗号の公開鍵への所有者情報埋め込み手法とその著作権管理システムへの応用 (情報通信マネジメント)

この論文をさがす

著者

    • 北原 基貴
    • 九州大学大学院システム情報科学府情報学専攻
    • 櫻井 幸一
    • 公益財団法人九州先端科学技術研究所:九州大学大学院システム情報科学研究院

抄録

公開鍵暗号では,ユーザの公開した公開鍵に対するなりすましを防ぐため,公開鍵の正当性を保証する証明書が信頼できる認証局によって添付される.この仕組みは公開鍵基盤と呼ばれる.公開鍵と証明書は誰もが参照できる公開鍵ディレクトリに保存される.送信者はこれらの情報を用いて認証・暗号化を行う.この証明書を必要としない暗号として,IDベース暗号がある.IDベース暗号ではユーザのIDが公開鍵として扱われる.秘密鍵は,秘密情報を持つ鍵配付センターから,自身の証明を行うことで受け取る.これまでのIDベース暗号には鍵配付センターがユーザの使う秘密鍵を知ってしまうという鍵供託問題が存在する.本論文では,所有者情報と証明書をRSA暗号の公開鍵に埋め込むことで,鍵供託問題のないIDベース暗号に相当するシステムを提案する.提案システムでは,正当なIDを持つユーザ以外はIDを埋め込み不可にするため,公開鍵への所有者情報の改ざんが行われた場合にそれを検知できる.また,証明書添付の必要がない.更に,提案システムの著作権管理システムへの適用を提案する.コンテンツ提供者の公開鍵に証明書を埋め込むことにより,著作権管理システムを,コンテンツの盗作販売を検出可能なものにすることができる.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(43), 13-18, 2014-05-22

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009902301
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12325711
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025512491
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ