『竹取物語』に関する一考察:『五行大義』でよむ求婚譚 Study on the Marrige Proposal Part of "Taketori Monogatari" as Guided by "Wu xing da yi"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

奈良・平安時代に陰陽寮で教科書として使用されていた『五行大義』を手引きとして,本論文は,『竹取物語』の求婚譚がいかに構成されているかを論ずる。先行研究は,五人の求婚者がどの五行の元素を表象しているかを明らかにしようとしていたが,意見の一致を見ていない。このような状況を改善するため,本論文は,『五行大義』こそが,求婚を失敗させる手がかりとなるものであると主張する。本論文では,この観点から,いかにかぐや姫が偽物を見破ったか,そしてなぜ求婚者が破滅したかが論じられる。

Guided by "Wu xing da yi", which was used as a textbook at the yin and yang dormitory in Nara-Heian Period, this paper discusses how the suitor's story of "Taketori Monogatari" is organized. The previous studies have tried to give an answer to which five suitors represent the each elements, but they don't reach an agreement on which suitor is corresponding to which element. To remedy this situation, the current paper proposes that "Wu xing da yi" is a clue of why all the proposals of marriage described failed. From this point of view, this paper sheds light on how the princess saw through the fakes and why the suitors went to ruin.

収録刊行物

  • 尚絅大学研究紀要 A.人文・社会科学編

    尚絅大学研究紀要 A.人文・社会科学編 47(0), A1-14, 2015

    学校法人 尚絅学園 尚絅大学研究紀要編集部会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009902986
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12614264
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    2187-5235
  • NDL 記事登録ID
    026253804
  • NDL 請求記号
    Z72-F707
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ