2B2-N23 高校生の科学研究環境 : 日本と米国との比較(インタラクティブセッション,学びの原点への回帰-学習の質を高める科学教育研究-)  [in Japanese] A comparison of supporting frameworks for high school student research between Japan and the United States  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 尾嶋 好美 OJIMA Yoshimi
    • 筑波大学大学院生命環境科学研究科 Graduate School of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba
    • 佐藤 忍 SATOH Shinobu
    • 筑波大学大学院生命環境科学研究科 Graduate School of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba
    • 小野 道之 ONO Michiyuki
    • 筑波大学大学院生命環境科学研究科 Graduate School of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba

Abstract

筑波大学は児童・生徒の自主研究を個別にサポートし,未来の科学者の育成を図る取り組みを,6年間にわたって続けている。サポートした生徒は日本における科学コンテスト等においては非常に優秀な成績を残してきたが,アメリカで行われた国際科学コンテスト(ISEF:International Science and Engineering Fair)では,入賞できなった。そこで,ISEF2012で入賞したアメリカの高校生の分析を行ったところ,日本の高校生とは研究環境が大きく異なっていることがわかった。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 37(0), 504-505, 2013

    Japan Society for Science Education (JSSE)

Codes

Page Top