作品提示メディアの違いが美術鑑賞学習に与える影響の一検討 : 大型図版と手元資料とパソコン画面の比較 A Study of Impacts of Showing Media on the Art Appreciation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

学校教育の美術鑑賞学習が抱える課題に作品提示メディアの不足がある.本研究では学校での普及率が伸びているパソコンを活用することによってこの問題を解決することが出来ると考え,鑑賞におけるパソコンを使ったデジタルメディアの有用性を他メディアとの比較で検討した.鑑賞は,言葉で考えさせ整理することも重要であるため,作品のキーワードを抽出し,作品を提示するメディアの違いによりキーワードの記憶に差があるのかどうかなどを検討した.その結果,生徒は図版や教科書などの印刷物より,デジタルメディアで鑑賞した作品のキーワードをより多く記憶していることなどが分かり,デジタルメディアの有用性が認められた.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 38(Suppl.), 45-48, 2014

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009919107
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    026219088
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ