エージェント方式によるWebサービス間のデータ同期の検討 Design of Data Synchronization Function by Agent Method between Web Services

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

国内の高等教育機関では2000年以降,各種Webサービスが盛んに利用されている.利用者や運用管理者の負担を減らすため,Webサービス間の連携が必要になる.連携の一つにデータの同期がある.データ同期には,データベース直接,中間データベース,データベースラッパー,エージェントの方法が想定される.我々は,データ同期のある状況を設定し,エージェント方式による実験をおこなった.データ同期の実用的な運用を確立するために,状況分類と事例に基づくデータの集約が必要だと考える.管理者にとって経験的な理解が必要だと考えるからである.エージェント方式の有効性を判断する際の一つの事例を示すことができたと考える.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 38(Suppl.), 121-124, 2014

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009919126
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    026219437
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ