人文科学系講義における学習者の理解把握のための許容リンクを導入したKit-Build概念マップの試験的利用  [in Japanese] An Experimental Use of Kit-Build Concept Map with Approval Link in a Lecture of the Humanities  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

概念マップは知識や理解状態を外化するための図的表現の一種であり,理解を深め,記憶を促進させるとともにその評価ツールにもなると期待されている.本研究では,人文科学系の講義のような答えを一意に定めることが難しく,様々な解釈を許容する必要がある学習内容においてもKit-Build概念マップが学習評価に有用であることを実際の講義の中で試験的に利用することで検討する.結果として,レポートとKB概念マップによる課題で要求と評価指標が合っていた場合に有意な相関が得られ,評価を客観的にシステムで処理できる可能性が分かった.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 38(Suppl.), 149-152, 2014

    Japan Society for Educational Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009919133
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    026220909
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top