小学校教員を対象としたICTの基本的な操作の指導に関する実態調査  [in Japanese] Fact-Finding Survey on Teaching Basic Operation Skills of ICT of the Primary School Teachers  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

小学校学習指導要領では児童にICTの基本的な操作を習得させることが求められている.しかし,文部科学省による教員のICT活用指導力の調査においては,5つの大項目のうち,「C:児童のICT活用を指導する能力」が最も低いという現状がある.本研究では,児童のICT活用に関わる基本的な操作の指導の徹底を図る方策を検討するため,小学校教員を対象に,基本的な操作の指導に関する実態調査(有効回答数142)を行った.その結果,基本的な操作を指導できていると考える教員は32.4%に留まること,指導できていないと考える教員は,自分の操作への自信のなさや,どの程度の操作を指導すればいいかわからないことなどに課題意識があること,指導の状況が教職経験年数に有意な相関があることなどが明らかになった.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 38(Suppl.), 161-164, 2014

    Japan Society for Educational Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009919136
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    026220940
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top