スキンシップと団欒はオキシトシンを介してストレスを解消させる:会長講演,第39回生命情報科学シンポジウム Activation of Brain Oxytocin by Social Attachment and Grooming Behaviors Induce Stress Reduction through Inhibition of HPA Axis:President Lecture,The 39th Symposium on Life Information Science

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

脳幹・背側縫線核のセロトニン神経はオキシトシン受容体を備えているので、脳内オキシトシンの分泌が増えるとセロトニンが活性化され、不安や緊張、鬱などストレスフルな気分を解消させる。オキシトシンは子宮収縮や乳汁分泌を促す母親のホルモンとして古くから知られてきたが、最近の研究で、男性も未婚の女性も、すなわち性別や年齢に関係なく分泌される脳内物質であり、その役割は、視床下部のストレス中枢を抑制して、HPA軸(視床下部・下垂体・副腎システム)を抑え、ストレスホルモン(コルチゾール)の分泌を減少させることが明らかにされた。その活性化因子は、グルーミング行動であり、マッサージ、エステ、リフレクソロジーなど心地よいスキンシップ、友人や家族との団欒、などである。これらの社会的癒し行動は、ストレス解消術として知られてきたが、その背景に、オキシトシンという脳内物質が働いていることが判明した。この点について、我々の最近の研究を紹介しながら、解説する。

Although it has been well established that oxytocin (OXT) in the blood during lactation accelerates milk ejection in a pregnant woman, a recent study has indicated that OXT secreted in the brain of both male and female, plays an important role in the hyporesponsiveness to stress. There are many human and animal experiments, demonstrating that increased brain OXT exerts inhibitory effects on the hypothalamo-pituitary–adrenal axis (HPA axis) through a suppression of CRF neurons in the hypothalamus. Factors facilitating OXT secretion in the brain are lactation, social touch with aesthetic relaxation, attachment between parents and children, romantic love, and social grooming behaviors including drinking with friends after work and talk with intimate persons while drinking teas. On the other hand, serotonergic neurons (5-HT neurons) in the dorsal raphe nuclei express oxytocin (OXT) receptors, indicating that OXT secreted in the brain may also produces anxiolytic effect by activating 5-HT neurons.

収録刊行物

  • 国際生命情報科学会誌

    国際生命情報科学会誌 33(1), 96, 2015

    国際生命情報科学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009919525
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    1341-9226
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ