Access this Article

Search this Article

Abstract

蜂蜜は蜜蜂により産生される天然成分で、食用としてだけではなく、健康維持や創傷、風邪、皮膚炎の治療薬として世界で広く利用されている。我々は、これまでにナイジェリア産の蜂蜜が免疫作用を示すことや、日本国産蜂蜜のマウス腹腔内投与により、細菌感染に重要な役割を果たしている自然免疫系の免疫細胞の1つである好中球が誘導されることを報告してきた。そこで今回、日本国産蜂蜜による好中球の走化活性の指標である方向性(Direction)と 移動速度(Velocity)に及ぼす影響について、ソバ、クリ、シロハナマメ、ミカン、トチ、フカ、レンゲ、アカシア、百花蜂蜜を用いて検討した。Directionは、蜂蜜10mg/ml の濃度で、ソバ、シロハナマメ、レンゲ蜂蜜で有意な増強、Velocityは、ソバ、アカシア、レンゲ蜂蜜で有意な増強が認められ、日本国産蜂蜜は好中球の走化活性を増強することが認められた。特に、レンゲ蜂蜜では反応30分後において、多くの好中球の遊走が確認された。以上より、日本国産蜂蜜は好中球の運動性(走化性)を促進することから、細菌感染においてすばやく感染部位に好中球を誘導し、感染予防に効果があることが示唆された。

Honey is natural edible product collected by Apis mellifera. Honey is not only for food, widely used in the world for the health maintenance, cold, dermatitis and treatment of wound. We previously reported that honey in Nigeria indicates the immunological effect and Japanese honey induces neutrophils of a kind of immune cells which is an important role in bacterial infections. Therefore, we investigated the effect of Japanese honeys on the direction and velocity as chemotactic activity of neutrophils. The direction and velocity were significantly augmented by 3 honeys at 10 mg/ml concentration. Japanese honeys indicated chemotactic activity for neutrophils. Especially, honey of lotus flower showed migration of many neutrophils after 30 minutes. These results suggest that Japanese honeys may prevent bacterial infections through facilitation of migration in neutrophils.

Journal

  • 京都産業大学先端科学技術研究所所報

    京都産業大学先端科学技術研究所所報 (14), 1-12, 2015-07

    京都産業大学先端科学技術研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009926809
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11815191
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1347-3980
  • NDL Article ID
    026635640
  • NDL Call No.
    Z74-D408
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top