コンテンツと地域振興を論ずるための基礎構築と,エクスペリエンスへの眼差しの提案(<特集>インフォプロと地域活性化) Use of "Contents" and "Experience" for the development of local economy and society : Define the words "Contents" and "Experience", and show the practical data of local development projects by using MOE and ANIME characters(<Special feature>Information Professionals and regional activation)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

成長産業として捉えられている「コンテンツ」を地域振興に活用しようという動きが見られるが,本論ではコンテンツの語彙を精確に定義し,かつそれに包含され得ない生の体験を,エクスペリエンスという語を以って定義することで,健全な議論の基礎を構築する。更に情報の社会的性質を示し俯瞰的に論じる。その上で筆者が学術的フィールドワーク及び,アニメーション製作の実務経験を元に,コンテンツを用いる地域振興においてはコンテンツとエクスペリエンスの双方の視点から実践,研究する必要性とアイディアを示す。本論は,地域における情報のハブを構築する実務にてプラクティカルに活用できる知見の提供を行う。

Using "Contents" is one of the most promising ways of facilitating local development, although it is difficult to define the word" in academic terms. Now, I carefully define "Contents", and define "Experience" which is NOT comprised in the meaning of contents. Furthermore, the impact of information on the economy and society at large is shown in this study. The data of local development events is provided using animation characters based on my academic works and practical contents of business promotion. This will help information professionals to be creative and be a part of the local community center for development of the society.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 65(5), 200-205, 2015

    一般社団法人 情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009937057
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    026354631
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ