英国の知的障害児教育におけるカリキュラムの現状と課題 : 1994年から2014年の文献レビューを中心に  [in Japanese] Current Conditions and Issues in the Curriculum for Children with Moderate and Severe Learning Difficulties in England : Based on the Review of Literatures published from 1994 to 2014  [in Japanese]

Author(s)

Abstract

本研究は、過去20年間に公表された学術論文10編を分析することにより、英国における知的障害児へのナショナルカリキュラムの適用の現状と課題を考察した。収集し分析された論文は、大きく、カリキュラムの内容に関するものと評価方法に関するものとに分けられた。知的障害児教育におけるナショナルカリキュラム履行上の課題は、教師集団の教科に関する専門性の確保と個々のSENに応じたカリキュラムの柔軟性の確保であった。一方、評価方法については、ナショナルカリキュラムが求める水準に達していない児童生徒の学習到達度を評価する手段として開発されたPスケールが挙げられ、その評価の一貫性が課題として指摘された。知的障害児のナショナルカリキュラムへのアクセスが卒業後の自立と社会参加を保障することになるか否かについて、肯定するに十分な結果は得られなかった。

The present study examined current conditions and issues in the application of the National Curriculum to the education for children with moderate and severe learning difficulties in England. To implement National Curriculum in the special school for students with MLD / SLD, subject expertise of teachers, flexibility of the curriculum to meet SEN of each student, and consistency of assessment methodology in using the P-Scales are needed. It is not likely that access to the National Curriculum helps the student with MLD/SLD to become a social participant.

Journal

  • 障害科学研究

    障害科学研究 39, 75-89, 2015

    障害科学学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009942874
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12215065
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1881-5812
  • NDL Article ID
    026378986
  • NDL Call No.
    Z7-1307
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR  NDL-Digital 
Page Top