ソフトウェア開発演習のための仮想デスクトップ環境の試作 (サービスコンピューティング)  [in Japanese] Prototype of Desktop Virtualization for Software Development Exercise  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ソフトウェア開発演習の高度化に伴い,演習で利用される開発環境も複雑なものになりつつある.本研究では,煩雑でミスの起きやすい開発環境の導入を仮想デスクトップ環境上に構築することで簡易化し,学生の開発状況を容易に把握できるようにする.ソフトウェア開発PBL(SDPBL)では,受講生が利用する実装環境の準備やPBL中の保守対応,進捗状況の把握におけるコストが教員に対する過度な負荷に繋がることが多い.我々はDesktop as a Service (DaaS)のコンセプトに基づき,SDPBLにおける受講生個人およびチームのための実装環境やプロジェクト支援環境を容易に構築・利用できるようにするPBL環境,DaaS BADERを作成した.本稿ではDaaS BADERを実際のSDPBLに適用し,導入コスト,保守性といった点における教員視点からの評価について報告を行う.

Project-based Learning is generally adopted for teaching team software development. In our PEL, we introduced Desktop as a Service (DaaS) for students' development environment. In this paper, we report effectiveness of our DaaS environment (DaaS BADER) in the view point of maintainability.

Journal

  • IEICE technical report. SC, Services Computing

    IEICE technical report. SC, Services Computing 114(157), 55-60, 2014-07-28

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009945897
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12575989
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    025634918
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top