招待講演 コンピュータ将棋の探索技術と分散計算について (情報ネットワーク) Search Techniques and Distributed Computing in Computer Shogi

この論文をさがす

著者

    • 竹内 聖悟 TAKEUCHI Shogo
    • 科学技術振興機構ERATO湊離散構造処理系プロジェクト ERATO MINATO Discrete Structure Manipulation System Project, Japan Science and Technology Agency, Hokkaido University

抄録

近年、将棋プログラムの棋力向上が目覚ましく、プロ棋士5人と5つのプログラムとで行なわれた対局イベントにおいて勝ち越すなどその実力を示した。その結果が各種メディアに取り上げられるなど、世間の注目を集めている。棋力向上の原動力として探索の高速化があり、探索の分散並列化もその一助となったと考えられる。本講演では、コンピュータ将棋の探索技術とその分散計算について講演する。まずゲーム木探索手法について説明を行い、ゲーム木探索の分散並列のこれまでの研究や手法について概観を示す。最後に、講演者が開発に参加している将棋プログラム「GPS将棋」で使われている分散並列計算について発表を行う。

Computer Shogi has recently attracted media attention due to the results of Man-Machine matches between five professional players and five Shogi programs. The strength of computer Shogi programs has been increased and now is close to that of professional players. In this talk, I will talk about search techniques and its distributed computing in computer Shogi. First I will give a brief introduction of game tree search methods, then give an overview of existing distributed search methods. Finally I will talk about the distributed search used in GPS-Shogi.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(139), 55-60, 2014-07-17

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009946985
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025634696
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ