擬人化した機器機能説明のためのロボット腕先端形状の検討 (クラウドネットワークロボット)  [in Japanese] Evaluating Tip Shape of Robotic Arm for Anthropomorphic Explanation of Home-appliances  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

複雑化する家電機器の機能教示手法として、著者らは機器をロボットパーツで擬人化した情報提示手法を提案している。機器の機能説明では、ロボットアームが機器の内部の各部位を指し示したとき、ユーザが指し示された領域をどこまで認識するかが重要となる。本研究では後置型ロボットアームの先端形状を変化させ、ユーザが検知する領域がどのように変化するか検討した。

Our daily life is supported by many complex home-appliances which is difficult to lean their functions. For explaining functions of home-appliances clearly to the users, we have designed new attachable agential triggers to make home-appliances as explanatory agent. Our proposed arms are easier to point surface of the home-appliances comparing with previous attachable arms. We evaluated

Journal

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(227), 11-14, 2014-09-26

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009950800
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12526010
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    025838978
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top