シンボルペア通信路における巡回符号の復号法について (情報理論) On Decoding Method of Cyclic Codes over Symbol-Pair Read Channels

この論文をさがす

著者

抄録

本稿ではCassutoとBlaumによって提案されたシンボルペア符号と呼ばれる新しい誤り訂正符号を扱う.シンボルペア符号では,記録媒体に保存された巡回符号などの符号語を読み出す通信路として,シンボルがペアとなり重なって出力されるシンボルペア通信路を考える.このとき誤りや距離の概念としてペア誤りとペア距離が定義される.Yaakobiらは巡回符号からシンボルペア符号を構成した際の最小ペア距離の下界を示し,その下界から得られる訂正能力の範囲内の誤りを訂正する復号法を提案した.しかしながら,Yaakobiらが示した下界より大きな最小ペア距離を有する巡回符号が存在する.そのような符号に対しては,最小ペア距離の半分以下にもかかわらず訂正不可能なペア誤りがある.本稿ではペア誤りのパターンと隣接シンボルシンドロームの関係を利用し,効率的にペア誤りを訂正する復号法を提案する.提案する復号法は,Yaakobiらが提案した復号法よりも多くのペア誤りが訂正可能である.

Cassuto and Blaum proposed new error correcting codes which are called symbol-pair codes. They gave a coding framework for channels whose outputs are overlapping pairs of symbols in storage applications. It is called symbol-pair read channel. The pair distance and pair error are used in symbol-pair read channel. Yaakobi et al. showed a lower bound on the minimum pair distance of cyclic codes, and proposed a decoding algorithm that can correct pair errors within the pair error correcting capability obtained by their lower bound. However, there are codes whose minimum pair distance is larger than their lower bound. In this paper, we propose an efficient method for decoding symbol-pair codes by using a relationship between the pair errors and syndromes. In addition, we show that the proposed method can correct more pair errors than Yaakobi's algorithm.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(224), 7-12, 2014-09-19

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009950855
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013083
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025839392
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ