教師と教師志望学生が授業記録を読む手がかりの特徴  [in Japanese] Characteristics of Clues in Reading Class-records for Teachers and Students Hoping to Become Teachers  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

授業記録を読む手がかりについて,教師と教師志望学生を対象に質問紙調査に基づき因子分析を行い,「(1)主発問,(2)相互作用,(3)教材・教具,(4)学習者,(5)キーワード・マーク,(6)経験,(7)分節,(8)立ち止まり,(9)ヒント」の9因子を抽出・解釈した.また,「(1)主発問,(2)相互作用,(3)教材・教具」の3因子は,寄与率・累積寄与率に占める割合も高く,授業記録読解の重要因子で,授業経験から体制化された知識系であることが示された.さらに,学生の授業記録読解は,「(7)分節,(8)立ち止まり」を主要手がかりとした「テキストベース」であり,教師の読解は日常の授業実践に基づく「(1)主発問,(2)相互作用,(3)教材・教具,(4)学習者,(6)経験」の既有知識を主要手がかりとした「状況モデル」構築処理であるとの知見を得た.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 37(Suppl.), 13-16, 2013

    Japan Society for Educational Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009958516
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    025386632
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top