インクルーシブデザインワークショップにおける共感的理解を促すアイスブレイク手法の提案  [in Japanese] Proposal of Icebreaker Activity for Inclusive Design Workshops to Foster Empathic Understanding  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究の目的は,視覚障害者をリードユーザーとしたインクルーシブデザインワークショップにおいて,障害者に対する晴眼者の先入観を取り除き,共感的理解を持ちながらコミュニケーションを取ることができるようなアイスブレイク手法を提案することである.「視覚が奪われた状態で,リードユーザーが日常経験するような生活作業に取り組み,リードユーザーから支援を受ける」というアイスブレイク手法を考案し,この手法に基づく場合とそうでない場合の参加者の発話を比較したところ,考案した手法に一定の効果があることが示された.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 37(Suppl.), 97-100, 2013

    Japan Society for Educational Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009958537
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    025388072
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top