投影型シースルーダッシュボードを用いた車輪軌道の可視化による運転者視覚支援 (マルチメディア・仮想環境基礎)  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,投影型複合現実技術を用いて,運転車両前方の死角である道路平面の映像をダッシュボード上にシースルー映像として提示し,映像中に仮想の車輪軌道を重畳する手法を提案する.シースルー映像の提示によって,運転者は提示映像と周囲の環境との位置関係を迅速に把握することができる.また,重畳提示された車輪軌道は,自車両の車幅や路端と車輪との位置関係を把握するための手がかりとなり,道幅の狭い道路における脱輪,巻き込み,対向車とのすれ違い時の接触といった事故を防ぐ効果が期待できる.実際に構築した提案システムを用いた評価実験により,有効性を検証する.

Journal

  • Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 114(239), 25-30, 2014-10-09

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009959213
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10476092
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    025920023
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top