リポジトリシステムとソフトウェア信頼性モデルを用いた欠陥数予測 (ソフトウェアサイエンス)  [in Japanese] Predicting Number of Faults Based on Software Reliability Growth Model from Repository System  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ソフトウェアの欠陥はリポジトリシステムによって管理されることが多くなっており,開発からテストといったソフトウェア開発の全工程を管理することも往々にして行われている.そこで,我々はリポジトリシステムで管理されている欠陥データから,それぞれの欠陥に対して発見した時間を取得,ソフトウェア信頼度成長曲線に適応しグラフ化を行う.これにより予測される欠陥数を定量的に把握することができ,欠陥数を見積もることや,開発の進捗状況を確認することができる.本研究はOpen Source Softwareについて,公開されているリポジトリーからバージョン情報と,欠陥情報を取得し,それぞれのバージョンごとでモデルを適応し,欠陥数の予測を行った.

Software development requires repository system to manage the whole developing phases such as coding and testing. We acquire the fault numbers, their detected times and software versions which can predict faults from the faults, which has been recored in a repository system, based on the software reliability growth model. It will be expected that these predicted number of faults can motivate the developers because these predicted data suggest quantitative goals to the developers.

Journal

  • Technical report of IEICE. SS

    Technical report of IEICE. SS 114(271), 13-16, 2014-10-23

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009959322
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013287
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    025919795
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top