国際的な視野から見た算数・数学教科書の研究・開発:算数・数学教科書の研究と開発に関する国際会議(ICMT2014)から Research and Development of Mathematics Textbooks from the Viewpoint of International Perspective : From International Conference on Mathematics Textbook Research and Development 2014 : ICMT2014

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2014(平成26)年7月にイギリスで「算数・数学教科書の研究と開発に関する国際会議(ICMT2014)」が開催された.算数・数学教科書の研究と開発に焦点を当てた国際会議としては初めてのものである.本稿においては,このICMT2014を通して,国際的な視野から,算数・数学教科書のあり方,開発状況,ICT活用などについて考察する.この会議では,3日間に,全体講演・シンポジウムが4件,口頭発表が79件あった.口頭発表は,次の七つの分科会に分けられていた.1)教科書研究,2)教科書分析,3)教科書比較,歴史,4)教科書使用,5)教科書開発,6)教科書へのICTの統合,7)数学教科書における他学科,他学科の教科書における数学.これのうち,全体講演,教科書の開発,ICT活用などについて紹介するとともに,算数・数学教科書とその研究のあり方,すなわち,算数・数学教科書は知識だけではなく思考の材料としても構成されることがあり,デジタル教科書を考える視点は協働と相互作用にあるということ,そして教科書のグローバル化などについて論じた.

収録刊行物

  • 日本数学教育学会誌

    日本数学教育学会誌 97(5), 11, 2015

    日本数学教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009959706
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00285586
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    journal article
  • ISSN
    0021-471X
  • NDL 記事登録ID
    026501061
  • NDL 請求記号
    Z7-228
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ