海外ボランティアを受け入れるNGO/NPOの動機と受け入れ体制の変化  [in Japanese] The motive and innovation process of local NGO/NPO by collaborating with foreign volunteers  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究では、途上国の現地NGO/NPOの海外からのボランティア受け入れの動機と団体内での受け入れ体制の変化について明らかにする。高等教育では、グローバル人材育成の取り組みのひとつとして、サービス・ラーニングや海外フィールドワーク等を含む短期海外研修が実施されるようになった。渡航先として、欧米など先進国だけではなく、社会貢献活動を目的として途上国へ派遣する大学も増えてきた。途上国での短期海外研修では、現地NGO/NPOを訪問させたり、社会貢献活動をさせたりする。途上国での短期海外研修は、文化間の違いが大きいことから、学生は異文化接触を通して相互理解や価値創造を経験することができ、さらに、途上国の多くの社会問題に対して社会貢献への関心を高めることができる。このように途上国での短期海外研修における学生に対する教育成果や課題を調査した事例は多く報告されているが、一方で、現地で学生を受け入れている団体については十分に調査されていない。短期海外研修は現地受け入れ団体にとって負担となっているという指摘もあることから、学生を派遣する大学だけではなく受け入れ団体を含め双方が何らかの恩恵を受ける短期海外研修をデザインする必要がある。<br>そこで本研究では、カンボジア、バングラデシュ、インド、フィリピンの4カ国において、海外からのボランティアを受け入れている現地NGO/NPOにインタビュー調査を行い、現地受け入れ団体がどのような動機および体制をもって海外ボランティアを受け入れているかを明らかにする。本研究知見は、途上国における現地NGO/NPOと連携した短期海外研修をデザインする際の一助となるだろう。

This study seeks to clarify the motives of local NGO/NPOs and the changes within their acceptance processes when they receive foreign volunteers. With the aim of nurturing their students to become global citizens, the number of universities that dispatch students overseas for service learning and field work is increasing. Their destinations include both advanced countries and developing countries. The students who engage in intercultural exchange with the staff of local NGO/NPOs are then able to enhance their own education. The programs' effects on the students have already been researched on and reported in many studies, while the outcomes on the local NGO/NPOs that receive them have not yet been examined. To develop a reciprocal relationship between the two sides, it is important to also understand the motives of the NGO/NPOs and the process of their acceptance of foreign volunteers. This research clarifies why and how local NGO/NPOs have been receiving foreign volunteers, through interviews of NGO/NPOs in Cambodia, Bangladesh, India, and the Philippines.

Journal

  • Multicultural Relations

    Multicultural Relations 11(0), 53-66, 2014

    Japan Society for Multicultural Relations

Codes

Page Top