ウズベキスタンのドゥタール製作  [in Japanese] Production of Dutar in Uzbekistan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

シルクロードに関する無形文化遺産として、中央アジアから西アジアにかけての分布するムカーム(マカーム)をあげることができる。これは、多様な旋法による旋法音楽で、長大な組曲形式をとることが特徴である。ムカームに用いられる楽器は多種多様で、形態はもちろんのこと、多くの点で共通点がある。ムカームが広範囲に分布するだけに楽器にも共通点があるのだが、これまで詳しい楽器製作工程は報告されていない。 今後研究の深化をはかるには、技術的な視点を持ち、製作過程を通した楽器それ自体の検討が必要である。本稿では弦楽器の習得のみならず、弦楽器製作でも基本となるドゥタールを取り上げ、ウズベキスタン国立音楽院伝統楽器製作修復工房でのドゥタール製作を紹介する。ここで製作される楽器は、学生からプロの演奏家までが使用しているため、ウズベキスタンにおける楽器製作の全体像をつかむ上でも定点とすべき位置にある。

Journal

  • The review of inquiry and research

    The review of inquiry and research (102), 131-151, 2015-09

    Kansai Gaidai University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009970177
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00046756
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0388-1067
  • NDL Article ID
    026810694
  • NDL Call No.
    Z12-90
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top