空間的配置動詞のアスペクト・テンス形式とテクスト : 「そびえる」の場合 The Aspect and Tense Forms of the Space Occupying Verbs and Text : In the Case of Sobieru

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

空間的配置動詞「そびえる」は、金田一(1950)では終止述語になるとき必ずシテイル形式になるとされる。一方、影山(2012)では「そびえる」にはシテイル形式もスル形式もあるとし、両形式によって事象叙述と属性叙述が区別されると主張する。本稿では、テクストとの相関性を全面的に視野に入れ、「そびえる」のアスペクト・テンス形式のテクストにおける分布の実態を調査し、その意味と機能について考察した。その結果、「そびえる」は、非アクチュアルなテクストに現れ、恒常性を表す客観的用法を基本とするが、出来事の展開のあるアクチュアルなテクストでは、書き手と登場人物の捉え方や他の出来事との時間関係が浮かびあがってきて、主観的な側面とタクシス的機能が前面に出てくることが明らかになった。「そびえる」に限らず、空間的配置動詞のアスペクト・テンス形式を分析する際には、テクストとの相互作用を考慮しなければならない。

It is stated in Kindaichi(1950) that the space occupying verb sobieru should take siteiru (DURATIVE) form whenever it is used in the predicate of a sentence. On the other hand, in Kageyama(2012), it is pointed out that both suru (PERFECTIVE) form and siteiru form can appear in sobieru. Kageyama concluded that these two aspect forms distinguish between property predication and event predication. This paper investigates the actual distribution of aspect and tense forms of sobieru in several types of text, and considers their meanings and functions. Sobieru appears basically in the non-actual texts and expresses constancy from the objective view, while in the actual texts which narrate the development of events, the subjectivity and the function of taxis come to the fore. In the latter case, the view of the writer or the characters and the temporal relation with other events are expressed. The meanings and functions of aspect and tense forms of the space occupying verbs are not generally independent from the textual conditions.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 11(1), 1-17, 2015

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009975225
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    026003315
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ