若い女性,特に妊婦,子育て中の母親の喫煙(受動喫煙)が健康に及ぼす影響について Effects of smoking among young women, including pregnant and child-rearing women

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鈴木 孝太 Suzuki Kohta
    • 山梨大学大学院総合研究部医学域社会医学講座 Department of Health Sciences, Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering, University of Yamanashi

抄録

近年,胎児期および出生後早期の環境,特に栄養状態がその後の健康状態や疾病に影響するというDevelopmental Origins of Health and Disease (DOHaD)説が広く知られるようになり,胎児期や小児期の発育・発達が注目を集めている.特に,妊婦や子育て中の喫煙は,これらの発育・発達に影響を及ぼすことが示唆されており,国際的にも重要な公衆衛生学的問題の一つである.そのため,まず,日本人を対象とした科学的なエビデンスを蓄積していくことが重要である.そのような状況で,わが国における若い女性の喫煙率は,2000年前後をピークに低下に転じており,妊婦や母親の喫煙率についても同様の傾向が示唆されている.一方で,日本における若い女性,特に妊婦や子育て中の母親の喫煙が,母親本人や胎児,また出生児の健康に与える影響についての検討は,出生体重や一部の妊娠合併症,さらに出生児の発育やアレルギー疾患などについて行われているものの,対象となるアウトカムが限られていること,また,研究デザインや対象者,さらには検討を行っている地域にも限界があり,まだまだ十分とは言えない状況である.今後,厚生労働省が実施している21世紀出生児縦断調査や,環境省が実施しているエコチル調査など,全国データによる幅広いアウトカムの検討を進めていくとともに,各地域でも既存のデータを活用し,地域住民に還元できるエビデンスを蓄積してくことが重要であろう.

Because the hypothesis in "Developmental Origins of Health and Disease" suggested that an early life environment, including the status of nutrition during the fetal period and early life, affects their future health status, fetal and childhood growth and development are highlighted in our field of research. The effects of maternal smoking on growth and development are important global public health issues. In Japan, the smoking rate among young women, including pregnant women, has been gradually decreasing since 2000. On the other hand, although some studies have examined the effect of smoking on outcomes such as birth weight, pregnancy complications, childhood growth, and some allergic diseases, the research regarding the effects of smoking among pregnant women might not be sufficient because of limitations regarding the outcomes, study design, population, and study area. Further studies, such as "the Longitudinal Survey of Newborns in the 21st Century" and "Japan Environment and Childrenʼs Study," which analyze the effects of smoking on broader outcomes using nationwide data, are needed, as well regional studies that use existing data to establish regional baseline data and provide feedback to the population.

収録刊行物

  • 保健医療科学

    保健医療科学 64(5), 484-494, 2015-10

    国立保健医療科学院

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009975816
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11751510
  • 本文言語コード
    JPN/ENG
  • ISSN
    13476459
  • NDL 記事登録ID
    026853614
  • NDL 請求記号
    Z19-152
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ