自動走行ストレス : 生理指標を用いた自動走行車両の搭乗者のストレスに関する検討 (ITS)  [in Japanese] Stress of Autonomous Vehicles : Stress measurement of Autonomous Vehicles driver by physiological indices  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 太田 翔平 OTA Shohei
    • 奈良先端科学技術大学院大学:ATR知能ロボティクス研究所 Nara Institute of Science and Technology:ATR Intelligent Robotics and Communication Laboratories
    • 神原 誠之 KANBARA Masayuki
    • 奈良先端科学技術大学院大学:ATR知能ロボティクス研究所 Nara Institute of Science and Technology:ATR Intelligent Robotics and Communication Laboratories
    • 浮田 宗伯 [他] UKITA Norimichi
    • 奈良先端科学技術大学院大学:ATR知能ロボティクス研究所 Nara Institute of Science and Technology:ATR Intelligent Robotics and Communication Laboratories
    • 北原 格 KITAHARA Itaru
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科 Graduate School of Systems and Information Engineering University of Tsukuba
    • 亀田 能成 KAMEDA Yoshinari
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科 Graduate School of Systems and Information Engineering University of Tsukuba
    • 大田 友一 OHTA Yuichi
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科 Graduate School of Systems and Information Engineering University of Tsukuba
    • MORALES Yoichi
    • ATR知能ロボティクス研究所 ATR Intelligent Robotics and Communication Laboratories
    • 篠沢 一彦 SHINOZAWA Kazuhiko
    • ATR知能ロボティクス研究所:大阪教育大学 ATR Intelligent Robotics and Communication Laboratories:Osaka Kyoiku University
    • 萩田 紀博 HAGITA Norihiro
    • 奈良先端科学技術大学院大学:ATR知能ロボティクス研究所 Nara Institute of Science and Technology:ATR Intelligent Robotics and Communication Laboratories

Abstract

近年,交通事故の低減,渋滞緩和を目的として,自動車の自動走行化に向けての研究が盛んに行われており,2020年代前半に緊急時のみ搭乗者が対応する準自動走行の実現が目標として掲げられている。自動走行の普及には,搭乗者の快適性への配慮も重要な課題であるが,準自動走行では,搭乗者は常に運転状況を把握し,緊急回避行動に備える必要があるため,その心構えの継続からストレスを感じ,快適性が低下することが容易に想像される。本研究ではこの問題を解決するため,走行状況と生理情報の観測に基づいた心理分析により,準自動走行状態において搭乗者が感じるストレスの要因の解明を目指す。そのために,準自動走行車両を想定し,助手席搭乗者のストレスを生理指標を用いて測定することで,どのようなストレスを受けるかを調査した.

This paper investigates stressors of driver of an autonomous vehicle by measuring physiological indices. Technologies of autonomous vehicles have been researched in order to reduce a traffic accident and stresses by traffic jam. Government aims to realize Semi-autonomous vehicle which drives by a human only in case of emergency situation by early 2020's. In the semi-autonomous driving, since a driver should watches out an environment around car to avoid accidents, the driver feels stresses. This paper investigates stressors which a driver feels under semi-autonomous driving by measuring physiological indexes.

Journal

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(369), 87-92, 2014-12-18

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009977098
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11370324
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    026031829
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top