数理モデルを用いた網膜錐体間カップリングの機能解析 (ニューロコンピューティング)  [in Japanese] Simulation and functional analysis of electrical coupling between retinal cones  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

錐体は波長感度が異なる3種類のサブタイプ(L錐体,M錐体,S錐体)が存在し,これらの働きによってヒトは色を識別する.隣接したL錐体,M錐体同士は電気的に結合(カップリング)していること,S錐体はどのタイプの錐体とも結合していないことが明らかにされているが,このカップリング特性が視覚情報処理にどのような影響を及ぼすかは未だ明らかにされていない.近年,錐体間カップリングに関して生理実験が行われた結果,カップリングは色情報のぼやけやノイズの減少を引き起こす可能性が示唆された.しかし,実験的な手法だけでは詳細な解析に限界がある.そこで本研究では,実験的知見に基づき錐体間カップリングの特性を導入した数理モデルを用いて,シミュレーションによって錐体間カップリングが視覚情報伝達に及ぼす影響を情報量により定量的に解析した.

Color vision is mediated by three types of cone photoreceptors, the L, M and S cones. L and M cones are electrically coupled to neighboring L and/or M cones through these gap junctions. However, the influence of cone electrical coupling and visual information transmission has not been fully elucidated while it may have an effect on vision. We developed a computational model of the cone mosaic based on the physiological and anatomical characteristics. The gap junctions are represented as linear conductance. By using this model, we analyzed functional relation between electrical coupling and visual information processing.

Journal

  • IEICE technical report. Neurocomputing

    IEICE technical report. Neurocomputing 114(362), 1-6, 2014-12-13

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009977736
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10091178
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    026027911
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top