福井弁の音響的特徴分析のための収録方法に関する一検討 A consideration on a Recording Method for Analysis of Acoustic Feature of Fukui Dialect

この論文をさがす

著者

抄録

消滅の危機にある言語・方言がある中,失われる前に音響データとして方言を残すことは重要である.ところが,音響的特徴の分析を行うことのできる程度に音質の優れた福井弁の音源はほとんど存在しない.そこで,まず音響的特徴分析のための収録方法について検討を行った結果について報告する.

Recently, they say that some dialects are disappearing rapidly. It is important to collect acoustic dialect speech data with the excellent conditions, before they lost. But, there are few Fukui dialect acoustical data with enough quality to analyze the feature. This work studies a recording method for analysis of acoustic feature of Fukui dialect.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 114(358), 51-52, 2014-12-05

    一般社団法人電子情報通信学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009977789
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ