C02 静岡STEMジュニアプロジェクトにおける理論と実践に関する研究  [in Japanese] C02 An Action Research on Theory and Practices in Shizuoka STEM Junior Project  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では、欧米の科学教育改革で導入されつつある科学教育、技術教育、工学教育および数学教育を調和して体験的に学ぶことを心がける「STEM教育」を実施することで、科学技術革新の中心となる人物あるいは将来を担う科学者または科学的な思考力、判断力(科学的リテラシー)をもつ人物を育成することを目的とし、平成26年度の通年計画を遂行している。本発表では、これまでの経緯と9月までの実践、およびその成果の分析についての中間研究報告を行う。

Journal

  • 日本理科教育学会東海支部大会研究発表要旨集

    日本理科教育学会東海支部大会研究発表要旨集 (60), 34, 2014

    日本理科教育学会東海支部大会事務局

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009980861
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1208563X
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top